SPREAD

JP

NEWS

2022.1.7

「Much Peace, Love and Joy」Video

The video of Milan Design Week 2021 in September 2021 was a huge success. The installation “Much Peace, Love and Joy” at Alcova at the remains of a military hospital revealed splendid colors spread in the light of Milan.

The number of visitors reached 55,000 in despite of the travel restrictions all around the world. Be amazed by “Much Peace, Love and Joy” resembling approx. 1,200 floating color fragments and “Mesh Virus-Control Flag Partition”, the combination of new technologies to suppress virus with mesh materials.

Much Peace, Love and Joy at Alcova, Milan Design Week 2021
Dates: 04 – 12 September, 2021
Venue: Alcova
Location: Via Simone Saint Bon n.1, Milan, Italy
Produce: Mika Takizawa (Dentsu Live) / Art Direction & Design: Spread / PR:Miho Kawamura (Daily Press) /Manufacturing: Atelier Inadome, NBC Meshtec, Sutoka, Live Art Books, Print + Plant / Construction: LPD Design, H.Yamamoto / Cooperation: NBC Meshtec, Takeo, Waki Process, Yuko Noguchi, Haruna Yamazaki

2022.1.7

Celvoke “2022 S/S Makeup Collection”

The 2022 S/S Makeup Collection of the beauty brand “Celvoke” is starting on January 7th with the collection theme “New brightness with emotion ~Unfamiliar light and emotional brilliance~”. We are in charge of art direction for key visuals, expressing multi-perspective brilliance such as glitter and metallic.

Celvoke 2022 S/S Makeup Collection

Planning & Development & Sales Agency: Mash Beauty Lab / Brand Direction: Yoko Tagami / Art Direction & Design: Spread / Photography: Akinori Ito (Aosora) / Makeup Art: Mikako Kikuchi (Tron) / Hair Styling: Koichi Nishimura (Vow-Vow) / Styling: Kei Shirahata / Video: Keita Hoizumi / Motion Graphics: Wow / Projection: Tomoya Kishimoto / Music: Hiroki Saitoh

2022.1.7

“Journal of Architecture and Building Science”

Since the January 2022 issue, we are in charge of the art direction and design of “Journal of Architecture and Building Science”, the most historical architectural media in Japan established in 1886. The cover is a vision with the design concept of “understanding society through architecture” while content pages cover more visuals to summarize the huge amount of information in which specialized contents are presented in a comprehensible manner. It’s a specialized magazine with issues, features, serializations, news, and research results all about architecture for readers from all specialties.
“Journal of Architecture and Building Science” January 2022 issue
Publishing: Architectural Institute of Japan Club Bulletin Editorial Committee / Editor in Chief: Akihiko Iwasa (HOSEI University Graduate School of Engineering and Design Major in Architecture Professor) / Art Direction & Design & Cover Artwork: Spread / Design: Naoko Kobayashi (umlaut) / Editorial Cooperation & DTP: Fushimi & Editors / Cover Photo: Ooki Jingu / Portrait Drawing: Henry Augusta / Printing:Showa joho Process / Publisher: Hiroshi Imai
Price: 1,430 yen (tax included)
Web Store: Architectural Institute of Japan “Archi Books”
ISSN 003-8555 U.D.C.624/72:061 22(52)

2022.1.1

MUCH PEACE, LOVE AND JOY TO YOU ALL

You could say humans are living at a change of the times.

What comes to our mind is the perspective of “Gift”.

What do individuals contribute to our world?

Color is joy. And, we do creations to “question the situation” through colors.

Spread, Haruna Yamada & Hirokazu Kobayashi
January 2022

2021.12.2

Spread by Spread: What Color is Tomorrow?” online gallery

The exhibition “Spread by Spread: What Color is Tomorrow?” ended in a huge success on November 7th. A total of 8,376 visitors participated in 12 days. We would like to express our sincere gratitude to everyone who have come and offered us support.

During the exhibition, visitors watched the work for hours, many of them were so impressed and even shed tear, asked enthusiastic questions, and being stimulated in various senses. Once again, we were being reminded that the power of color can move human emotions. We are pleased to know that this exhibition has become a platform for visitors to experience the joy from the colors inside us.

Here is our online gallery revealing the exhibition taken with a 360° camera.
Be amazed!

WebVR production: Uttzs

Articles about this exhibition are posted on the website of Casa Brutus. Exhibits captions are summarized in a comprehensive manner so please take a look.

Spread by Spread: What Color is Tomorrow?
Dates: Wednesday 27 October–Sunday 7 November, 2021
Organizer: Spread
Planning Cooperation: Spiral
Venue Cooperation: Wacoal Art Center
Construction Cooperation: Waki Process Inc.
PR: Daily Press
Photo: Ooki Jingu, Kazuhiro Kodaira
Special Thanks: Takeo Co., Ltd. / Toyokasei Co., Ltd. / Mgnet Co., Ltd. / Live Art Books Inc. / Print + Plant
Sponsors: NBC Meshtec inc., crowdfunding sponsors*Part of the funds for the production and organization of this solo exhibition were attained through the crowdfunding platform Green Funding.
Support: Nagaoka Institute of Design

2021.12.2

Mesh Virus-Control Flag Partition “Red Dot Grand Prix” Winner

Mesh Virus-Control Flag Partition” has won the top award “Red Dot: Grand Prix” at Red Dot Design Award 2021: Brands & Communication Design. The award-winning works are on display at The Museum für Kommunikation (Berlin) until January 2022.

The “Red Dot Design Award” has a history of 66 years, it is called one of the “three major design awards in world” along with iF DESIGN AWARD and International Design Excellence Awards (IDEA). Great designs are selected for “Red Dot”, and the most excellent one is selected for “Red Dot: Best of the Best”. In 2021, there were 9,178 entries from 49 countries. Nine works won the top award, “Red Dot: Grand Prix”.

Mesh Virus-Control Flag Partition
Produce: Mika Takizawa (Dentsu Live Inc.)
Design: Spread
PR: Daily Press
Manufacturing: NBC Meshtec Inc., Sutoka Co., Ltd.
Photo: Ooki Jingu
Contact: flagparti.info@gmail.com

2021.11.23

MIDTOWN CHRISTMAS 2021 “Color Jungle”

A vivid installation for “MIDTOWN CHRISTMAS 2021” is created at TOKYO MIDTOWN. The work “Color Jungle” themed “color is joy” simply spreads over Inside Galleria, about 80,000 m3.
In celebration of the Christmas season near the end of 2021, the three atrium areas of TOKYO MIDTOWN are decorated to resemble forest, water, and light. From the changing bird-eyes views from the 3rd floor to the 1st basement floor, viewers are like flying birds. What we want to convey is “color is joy”; and joy is hope. Experience the dynamic sceneries and get lost in the colorful jungle.
Spread installation “MIDTOWN CHRISTMAS 2021 Color Jungle”
Dates: Thursday 18 November–Saturday 25 December, 2021
Hours: 11:00-24:00
Venue: Tokyo Midtown Galleria
Location: 9-7-1 Akasaka, Minato-ku, Tokyo, 107-0052
General Admission: Free

Organizing & Planning: Tokyo Midtown Management Co., Ltd.
Art Direction & Design: Spread
Construction: NOMURA DUO Co.,Ltd.
Photo: Ooki Jingu

2021.10.16

Tsubame-Sanjo Factory Museum

燕三条およびその周辺エリアの工場を開放してものづくりの現場を体感するイベント「燕三条 工場の祭典」は、2021年11月5日(金)から21日(日)まで、廃工場(旧 野水機械製作所 工場)を舞台に展覧会「Tsubame-Sanjo Factory Museum」を開催します。
本展は、かつて研磨機を製造していた工場跡を舞台に、燕三条で生まれた職人の技術による高品質な製品、燕三条の歴史文化、「燕三条 工場の祭典」の歩みを紹介します。
会場では職人の技術が宿る製品とともに材料や器具を中心に展示し、金属製スクリーンに作業風景の映像を投射します。
身近な製品がどのように生まれるのか、展示を通してその過程を紐解いていきます。
さらに展覧会をより深く紹介するギャラリーツアーを毎週末に開催するほか、ご来場いただけない方にも展覧会をお楽しみいただけるようライブ配信をいたします。
本展は、これまで国内外を巡ってきた展覧会を初めて燕三条で開催するものです。
地域の皆様とともに燕三条のものづくりの力や歴史をあらためて見直し、次なる時代に繋げていく機会となることを目指します。
開催概要
タイトル:Tsubame-Sanjo Factory Museum(燕三条 ファクトリーミュージアム)
会 場 :新潟県三条市西大崎1-1-18(旧 野水機械製作所 工場)
会 期 :2021年11月5日(金)~21日(日)火曜日休館
開館時間:10:00 〜 20:00
主 催 :「燕三条 工場の祭典」実行委員会
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、事前予約制となっております。
下記よりご登録をお願いいたします。
https://kouba-fes.jp/2021museum/

2021.10.16

展覧会『SPREAD by SPREAD 明日は何色?』開催

今年の春、東京・青山の複合文化施設SPIRALにて開催を予定していた展覧会『SPREAD by SPREAD 明日は何色?』が、コンテンツがさらにアップデートして開催いたします。
会期:2021年10月27日(水)~11月7日(日)
時間:11:00-20:00
会場:Spiral Garden 東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1F
料金:入場無料
主催:SPREAD
企画協力:スパイラル
会場協力:株式会社ワコールアートセンター
施工協力:株式会社脇プロセス
協力:株式会社竹尾/東洋化成株式会社/株式会社ライブアートブックス/株式会社MGNET/PRINT + PLANT/Uttzs
協賛:株式会社NBCメッシュテック、クラウドファンディング賛同者
※クラウドファンディングGREENFUNDINGを通じ、作品集の制作・個展開催にかかる費用の一部のご支援をいただきました。
後援:長岡造形大学

2021.10.16

展覧会「AOYAMA CREATORS STOCK 20 GIFT/STACK」

紙の専門商社 竹尾のショールーム青山見本帖のクリエイターの個展シリーズ「AOYAMA CREATORS STOCK」で、SPREADによる展示「GIFT/STACK」が始まりました。
「ギフト」「積む」の観点から発想した本展では二つの作品を紹介します。一つ目は、コロナ禍で「世界に色で喜びを生み出したい」と願い制作したインスタレーション作品「Much Peace, Love and Joy」の制作プロセスです。二つ目は、竹尾と共に開発を進めているファインフルートギフトボックス。段ボール素材のシンプルな身蓋箱にファインペーパーを組み合わせ、新たな価値を目指す試みです。本展ではプロトタイプを紹介します。
状況を受け取り、自身に向き合い反応して、出来ることを積み上げることを丁寧に続けたいという思いを込めました。
青山見本帖 AOYAMA CREATORS STOCK 20
SPREAD展 GIFT/STACK
会期:2021年10月15日(金)~12月3日(金)
定休日:土・日・祝日
会場:株式会社竹尾 青山見本帖
所在:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷4-2-5 プレイス青山1F
営業時間:10:00~18:00
入場料:無料
主催:株式会社竹尾
アートディレクション&デザイン:SPREAD
協力会社:王子パッケージング株式会社、株式会社協進印刷、シナノ紙工株式会社、株式会社ライブアートブックス、PRINT + PLANT、古平和弘、神宮巨樹

2021.10.1

「感じるブックジャケット 2011→2021」展

紙の専門商社竹尾見本帖本店にて、「感じるブックジャケット 2011→2021」展が開催中です。広告・クリエイティブの専門誌『ブレーン』掲載の、今年で開催10年となる企画「感じるブックジャケット」で制作された文庫本サイズのブックジャケットが一堂に展示されます。これまで50組以上のクリエイターが参加しました。
SPREADが2014年にデザインしたブックカバー「Timeless, Mountain」も展示中です。当時開発20年目の紙「ヴァンヌーボ」を使用し、ピンク、銀箔などで印刷した山々を重ね、見る人に様々な解釈を生むグラフィックに落とし込みました。10月29日まで開催しています。
「感じるブックジャケット 2011→2021」展
会期:2021年9月10日(金)~10月29日(金)
定休日:土・日・祝日
会場:株式会社竹尾 見本帖本店
所在:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-18-3
営業時間:11:00~18:00
入場料:無料
主催:株式会社竹尾

2021.9.15

Milan Design Week 2021 出展

イタリア・ミラノで、ミラノデザインウィークが2年5ヶ月ぶりに開催されました。軍事病院跡地を今年の会場としたAlcovaにSPREADは参加し、展覧会「Much Peace, Love and Joy by SPREAD」を発表しました。
「色は喜び」をテーマに、1,200枚の活版印刷による「Much Peace, Love and Joy」と、メッシュ素材による「Mesh Virus-Control Flag Partition」の2作品を発表しました。約4000㎡のAlcova会場には52組のデザイナーの作品が並び、SPREADは教会に隣接する650㎡の草木が豊かな屋外スペースで展示しました。
今年のミラノデザインウィークの来場者数は約60,000人と発表されましたが、Alcovaには55,000人が来場し、現地メディアではAlcovaへの評価はとても高く、domusINTERNIなどでも取り上げていただきました。

Much Peace, Love and Joy by
at ALCOVA, Milan Design Week 2021

会期:2021年9⽉4⽇(土)~9月12日(日)
会場:ALCOVA
所在:Via Simone Saint Bon n.1, Milano
アートディレクション&デザイン:SPREAD
プロデュース:滝澤弥香(株式会社電通ライブ)
PR:川村美帆(デイリープレス)
製造:株式会社 Atelier Inadome、株式会社NBC メッシュテック、有限会社ストカ、株式会社ライブアートブックス、PRINT + PLANT
施工:LPD design、H.Yamamoto
協力:株式会社NBC メッシュテック、株式会社竹尾、株式会社脇プロセス、野口祐子、山崎春奈

2021.8.19

Dezeen Awards 2021

Dezeen Awards 2021のスタジオ部門でlonglistsに入りました。Dezeenは世界で影響力のあるイギリス発の建築・デザイン系Webマガジンで、世界中の最高の建築、デザインなどの功績を称えるため2018年からDezeen Awardsを開催しています。

今回のアワード総エントリー数は87カ国から4,700以上ありました。SPREADはDesign studio of the yearカテゴリーの受賞候補14の中に入りました。大変嬉しく、光栄に思います。

Dezeen Awards 2021
Design studio of the year longlists

2021.5.31

作品集「SPREAD BY SPREAD」刊行

SPREAD設立15周年の節目として、最新作を含めた15年間の仕事を5つのフィロソフィーとしてまとめた1st作品集「SPREAD by SPREAD」(青幻舎)が刊行されました。

中表紙が黒の「通常版」は青幻舎SHOPにてご購入いただけます。
中表紙が14色展開の「限定版」は代官山 蔦屋書店及び、T-SITE SHOPPINGにてお取り扱い中です。

「SPREAD by SPREAD」(通常版・限定版)
発行日:2021年5月31日 初版発行
著者:SPREAD
発行者:安田英樹
発行所:株式会社青幻舎
印刷・製本:株式会社ライブアートブックス

2021.5.15

代官山 蔦屋書店 フェア「COLOR CRAZY」

1st作品集「SPREAD by SPREAD」(青幻舎)の発売にあわせ、代官山 蔦屋書店にて、SPREAD × CRAZY KIOSK × FINE FLUTEによる色にまつわる本と品物と段ボール箱を組み合わせたフェアを開催。
作品集「SPREAD by SPREAD」の通常版と限定部数特別版の先行発売に加え、作品付き特装ケース入り版が限定発売されます。そして、SPREADが紙色選定を行ったカラー段ボールボックスに、“衝動買いのプロ”と周囲から注目されるフリーランスバイヤー、サトウユカが選定した品物が入る「COLOR CRAZY」ボックスが販売されます。また、色や質感の異なる竹尾の紙をノートにした「SIKI」も取り揃えます。
COLOR CRAZY
会期:2021年5月15日(土)~6月15日(火)
時間:9:00~20:00(営業時間に関する情報等は、代官山 蔦屋書店HPにてお知らせいたします。休店日や営業時間、当日のご案内方法は予告なく変更となる場合がございます。)
会場:代官山 蔦屋書店 2号館 1階 建築・デザインフロア
所在:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5

2021.5.2

クラウドファンディング公開延長のお知らせ

個展の開催延期に伴い、クラウドファンディングは期間を6月22日まで延長して公開します。
これまで100名を超える方々にご支援いただき、最終目標まであと少しです。引き続き応援をよろしくお願いします。

2021.4.28

「SPREAD BY SPREAD」CAFE PROJECT

Spiral Gardenにて開催予定だった個展『SPREAD by SPREAD 明日は何色?』は、緊急事態宣言により延期になりました。
ですが、スパイラルカフェではSPREAD限定メニューMOSAIC VEGETABLES(モザイク・ベジタブル)と、NOUGAT GLACE BLOCKS(ヌガー・グラッセ・ ブロック)はお召し上がりいただけます。

※ヌガーは、アービング・ペンのFrozen food (with string beans) , 1977へのオマージュです。

会期:2021年4月28日(水)〜6月6日(日)
時間:11:00〜19:00
  (SPREAD限定メニュー提供時間:15:00-19:00/18:00L.O.)
会場:Spiral Café
所在:東京都港区南青山5-6-23 スパイラル1F

2021.4.28

『THE PATH OF COLOR』

INTERSECT BY LEXUS ‒ TOKYO(以下 INTERSECT)コラボレーション展「The Path of Color」を、6月28日(月)までINTERSECT 1Fガレージにて開催します。
カラフルな色彩の間に縦横無尽に浮かび上がる空中の”道”から、明日に向けたエネルギーを感じていただく空間インスタレーションです。生命をモチーフとした朱色のネットを空中に張り、その上に色とりどりのカケラが広がっています。展示空間の人の流れや状況に応じて、スクリーンに映し出される映像や音が徐々に変化する演出も楽しむことができます。
コロナ禍を経て新しい時代を迎えようとしている今、色が持つ、記憶や感性を刺激し想像力を働かせる作用に、前向きな明日へと繋げるきっかけをつかんでほしいと考えています。
活版印刷した色とりどりのカケラは、温かみのある独特な風合いと唯一無二のグラデーションで、うつろいゆく光の加減で刻々と変化するLEXUSのボディカラーも想起させます。また、さまざまな色が印刷された紙を実際に手でちぎり、作品の1部として加えることで新たな“道”を創り出す体験もご用意しています。
The Path of Color
会期:2021年4月28日(水)~ 6月28日(月)
時間:9:00〜20:00
会場:INTERSECT BY LEXUS – TOKYO
所在:東京都港区南青山4-21-26 1Fガレージ
閲覧:無料

2021.4.25

個展『SPREAD by SPREAD 明日は何色?』延期のお知らせ

Spiral Gardenにて4月28日(水)~5月9日(日)に開催予定でした個展『SPREAD by SPREAD 明日は何色?』は、新型コロナウイルス感染拡大による東京都への緊急事態宣言に伴い、安全確保と感染拡大防止の観点から開催延期となりました。
Spiral Caféにて展示を予定しておりました「Mesh Virus-Control Flag Partition」は、今この状況でこそ活用すべきと考え、期間限定で展示中です。

2020.10.7

日刊「コロナとクリエイティブ」

AXIS Web Magazineにて5月16日から8月27日まで連載しました、日刊「コロナとクリエイティブ」は100回目をもちまして終了いたしました。
このリサーチは、「コロナのパンデミックによりクリエイティブは社会とどう交わるのか?」の問いのもとに始まりました。毎日のように起こる活動を観測することは、今起きている状況を俯瞰して考察できるとともに、次の行動への糧となります。世界中で起きた多種多様なアクションを知り、人々の逞しさを実感しました。2020年8月現在、コロナの終息は一向に見えてきません。私たちは、この状況が続く限りリサーチを引き続き行っていきます。読んでいただいた皆さん、ありがとうございました。まだお読みいただいてない皆さんにも読んでいただければ幸いです。
また、連載を終えてのまとめ記事も公開しております。本連載と合わせてご覧ください。

“Coronavirus and Creative”, the daily feature of the web magazine AXIS, has come to its finale with the 100th issue. In the midst of the coronavirus outbreak, we embarked on this research-based publication project with one initial question: How can the creative industry make an impact in the world as it faces the pandemic? Observing creative activities undertaken day after day around the globe has helped us gain insights into the current status and reflect on them, while also providing inspiration as we plan our next actions. During our research, we were given opportunities to discover the diverse activities undertaken by people in different places, making us realize the extent of the resilience of the human race. Now, in August 2020, we have not yet come close to the end of this crisis, and so our research will go on for as long as the world continues to fight against the disease. To this end, we would like to express our sincere appreciation to our readers for their devotion, and hope to invite new readers to read the back issues and the post-project roundup article, all of which are available on our website.

Web Magazine AXIS Daily Feature  — “Coronavirus and Creative”
Published between May 15 – August 27 2020
Research conducted by: SPREAD

2018.4.11

MILANO FOURI SALONE 2018

From April 17 to April 22, 2018, NITOMS, INC. (Head office: Tokyo) exhibits “HARU stuck-on design;” “space designing tape” which sticks and peels off again, in Milano Fuori Salone in Milan, Italy.

The venue is unused industrial warehouses under Milan Central Station. HARU stuck on design; exhibits artwork inspired by cave paintings – one of the world’s first-known works of art – directed by the creative unit SPREAD “Imagination led by color” as concept.

http://dailypress.org/wordpress2017/wp-content/uploads/2018/03/HARU_milano_2018_release_f-1.pdf

Nitoms proposes new styling way of space design, “sticking on color”, with HARU stuck-on design; to add a life to space and to influence people’s senses and sensibilities, stepping into a completely different area in which Nitoms had excelled in pursuing functionality and convenience.

Color, stick on, transform. Spaces become freer.

HARU stuck-on design; bring color into your life
Date: Tuesday, April 17, 2018 – Sunday, April 22, 2018
Open Times: 10:00 – 20:00 (closed at 18:00 on April 22)
Venue: VENTURA CENTRARE via Ferrante Aporti 11 Milano
Press Preview: Monday, April 16, 2018, 15:00-19:00

2018.4.11

Mainichi Design Prize 2017 Nominated

Nominated by Mainichi Design Price 2017.

http://macs.mainichi.co.jp/design/m/