SPREAD

JP

NEWS

2020.10.7

DAILY “CORONA AND CREATIVE”, TO END WITH THE 100TH ISSUE

“Coronavirus and Creative”, the daily feature of the web magazine AXIS, has come to its finale with the 100th issue. In the midst of the coronavirus outbreak, we embarked on this research-based publication project with one initial question: How can the creative industry make an impact in the world as it faces the pandemic? Observing creative activities undertaken day after day around the globe has helped us gain insights into the current status and reflect on them, while also providing inspiration as we plan our next actions. During our research, we were given opportunities to discover the diverse activities undertaken by people in different places, making us realize the extent of the resilience of the human race. Now, in August 2020, we have not yet come close to the end of this crisis, and so our research will go on for as long as the world continues to fight against the disease. To this end, we would like to express our sincere appreciation to our readers for their devotion, and hope to invite new readers to read the back issues and the post-project roundup article, all of which are available on our website.

日刊「コロナとクリエイティブ」は100回目をもちまして連載を終えました。このリサーチは、「コロナのパンデミックによりクリエイティブは社会とどう交わるのか?」の問いのもとに始まりました。毎日のように起こる活動を観測することは、今起きている状況を俯瞰して考察できるとともに、次の行動への糧となります。世界中で起きた多種多様なアクションを知り、人々の逞しさを実感しました。2020年8月現在、コロナの終息は一向に見えてきません。私たちは、この状況が続く限りリサーチを引き続き行っていきます。読んでいただいた皆さん、ありがとうございました。まだお読みいただいてない皆さんにも読んでいただければ幸いです。
また、連載を終えてのまとめ記事も公開しております。本連載と合わせてご覧ください。

Web Magazine AXIS Daily Feature  — “Coronavirus and Creative”
Website
Published between May 15 – August 27 2020
Research conducted by: SPREAD

2020.10.7

THE SEPTEMBER ISSUE OF NIKKEI DESIGN

An interview about coronavirus activities was published in the September issue of Nikkei Design.

日経デザイン9月号に、コロナウイルスに関する活動のインタビューが掲載されました。

Date:August 24 2020
Publish:Nikkei Business Publications, Inc.
Interviewer:Shigeki Ooyama

2019.1.30

HUMAN-NATURE

Life Stripe is on display at the “Human-Nature” exhibition at the Red Dot Museum in Singapore.

シンガポールのレッドドットミュージアムでの展覧会「Human-Nature」にてLife Stripeが展示されています。

Human-Nature
Date:  – September, 2020
Venue: Red Dot Design Museum

2019.1.7

GOLDEN WINTER, GOLDEN AGE

複合文化施設「スパイラル」にて、「Spiral GOLDEN Winter」装飾 &マリタ・リウリア展「Golden Age」のグラフィックデザインを行いました。
スパイラルにて1月5日より開催されているマリタ・リウリア展「Golden Age」にあわせて、金色をテーマにしたスペシャルフェアが行われています。SPREADは、スパイラル館内と外観の装飾アートワーク、ならびにマリタ・リウリア展のグラフィックを担当しました。装飾は2018と2019、その移り変わりから着想を得た1819のローマ数字をモチーフとしました。建物の中から外へと広がるようにスパイラルのエントランスを彩ります。マリタ・リウリア展「Golden Age」とあわせて、ぜひご覧ください。
スパイラル「Spiral GOLDEN Winter」
期間:2018年12月18日(金)~2019年1月17日(日)
マリタ・リウリア展「Golden Age」
期間:2019年1月5日(日)~2019年1月17日(日)
場所:SPIRAL 東京都港区南青山5-6-23

2018.11.17

ARTS EDUCATION CONFERENCE 2018

シンガポール教育省主催のカンファレンス「ARTS EDUCATION CONFERENCE 2018」にて基調講演と1週間のワークショップを行いました。ARTS EDUCATION CONFERENCE(AEC)は、2013年から2年ごとに開催される教育者のためのシンガポール国営の学習プラットフォームです。今年のテーマは「Arts for the Future: Intersections and Transformation」とし、創造性の可能性を広げるためのコンテンツが用意されました。約1200人のアート、音楽、ドラマ、ダンスの教師を対象に、SPREADは「Life Stripe」の活動と「カラーとコンセプト」をベースとしたリエイティブワークの紹介を通して社会とクリエイティブのコラボレーションについて講演しました。また、1週間シンガポールに滞在し、5日間の教育者に向けたワークショッププログラムも実施しました。

ARTS EDUCATION CONFERENCE 2018

https://www.aec2018.sg/programme/keynote-address-2

2018.11.5

Designersʼ Saturday

「燕三条 工場の祭典」が、スイスのランゲンタールにて開催されているデザインイベント「Designer’s Saturday」に招待され昨年11月に出展しました。Designersʼ Saturdayは、1987年に始まり今回が17回目を迎えるデザインイベントです。チューリッヒから鉄道で1時間ほどの人口1万人の町ランゲンタールにある大きな工場を舞台に、2年に一度様々なエキシビションが行われます。Designer’s Saturdayと燕三条 工場の祭典は工場を舞台とする共通性もあり、スイスでも燕三条のものづくりとその背景をたくさんの方々に紹介しました。SPREADはエキシビションデザインを行いました。

Designersʼ Saturday

2018.10.3

KOUBA 2018

今年の「燕三条 工場の祭典」は10月4日から始まります。「燕三条 工場の祭典」は、金属加工をはじめ鍛冶や木工、印刷などの技術が集まる新潟県燕三条とその周辺地域で開催される工場見学イベントです。2013年にスタートし、6回目の開催となる今年は「開け、KOUBA!この秋、燕三条の真髄を体感する」のテーマのもと、109KOUBAが参加。普段は一般公開されていない数多くのKOUBAの扉が開かれ、見学や体験をすることができます。今年のキービジュアルは炎にフォーカス。ピンクの炎をストライプ型にカットした金属越しに撮影しました。イベントアイディンティティとして根付いてきたピンクストライプのデザインもご覧いただけます。製品を産み出すKOUBA(工場)や、農業に取り組むKOUBA(耕場)、地元の産品に触れ、購入できるKOUBA(購場)。燕三条のさまざまなKOUBAを巡って、濃くて深いものづくりの魅力を体感してください。

Tsubame-Sanjo Factory Festival
Date: October 4 – 7, 2018
Locations: Sanjo-Tsubame, Niigata Prefecture

2018.9.7

BIOLOGY OF METAL

ジャパン・ハウス ロンドンにて「Biology of Metal」展 開催中。

「JAPAN HOUSE LONDON 」と「燕三条 工場の祭典」によるコラボレーションにより、『Biology of Metal: Metal Craftsmanship in Tsubame-Sanjo|燕三条 金属の進化と分化』展が2018年9月6日(木)にオープンし、10月28日(日) までJAPAN HOUSE LONDON にて開催されています。 本展は、時代を超越した燕三条のものづくりの進化について、独自の洞察を通し、職人技、芸術、小規模産業がどのように伝統に組み込 まれ、その時々の新たなテクノロジーを取り入れ進化させて社会の変化に適応してきたかを探求しています。9月13日のジャパン・ハウス ロンドン開館記念行事では、ウィリアム王子がご訪問され、燕三条の金属加工技術への理解を深めてくださいました。私たちも本展のデザインについて紹介する機会に恵まれ、和やかな対面となりました。

Biology of Metal: Metal Craftsmanship in Tsubame-Sanjo
Date: September 9 – October 28, 2018
Venue: Japan House London

2018.9.24

ROOTH 2-3-3

「ROOTH 2-3-3」8月24日にオープン、来客数10,000人を突破。

「ROOTH」とは、「ROOTS of THINKING.〈思い、考える、が根づく〉」をコンセプトとした、人々が多様に集える場所をつくるプロジェクト。第1号店「ROOTH 2-3-3」は、大牟田駅から程近くの歴史ある煉瓦造りの建物を再生し8月24日にオープンしました。「2-3-3」とは「その土地の歴史を繋いぎ、その土地の場所になる」考えのもと、住所である福岡県大牟田市不知火町2-3-3に由来しています。店内では厳選して淹れたコーヒーや懐かしくも新しい味のコーヒー牛乳「BLACK&WHITE」などのドリンクとともに、15種のフレーバーをそろえた自家製のドーナツが味わえます。 また新聞ライブラリーを店内の一角に設置し、業界紙・広報紙・地方紙・個人紙など60紙にもおよぶさまざまな新聞を自由に楽しめます。街の広場のように集える場所を意識したブランディングデザインを行いました。炭坑跡やカルタ博物館などの観光地のほか、魅力的な人が多く集まる地でもあります。是非、大牟田へのお越しを心よりお待ちしております。

ROOTH 2-3-3

2018.6.7

HARU stuck-on design; Video

「HARU stuck-on design;」のミラノフォーリサローネ2018での展覧会の映像が完成しました。本展は、人類最古のアートとされる洞窟壁画をインスピレーションに、色から広がるイマジネーションをテーマにしたサイトスペシフィックなインスタレーションです。会場はミラノ中央駅の高架下スペース「Ventura Centrale」。経年変化した壁と湿気の多い空間にHARU stuck-on design; のテープで彩ることで、人々の感性にいかに影響を及ぼすかの挑戦でした。ゴッホやパウル・クレー、ブルーノ・ムナーリなど偉人たちが残した色に関する美しい言葉に合わせアートワークを制作しました。床、壁、天井に貼りめぐらされた色のテープは来場者のイマジネーションを広げ、驚きと感動を与え喜んでいただきました。映像を是非ご覧ください。

HARU stuck-on design; bring color into your life
https://vimeo.com/275614754
http://www.haru-stuckondesign.com